短期滞在ビザ〜国際結婚ビザ(日本人の配偶者ビザ)への変更

国際結婚ビザ/ 帰化(日本国籍取得)/永住権取得/サポートセンター・東京

運営者:行政書士南青山アーム法務事務所

お悩みスムーズな解決ならば早めのご相談をお勧め致します。

短期滞在ビザから日本人の配偶者ビザへの変更は可能?

国際結婚ビザを取得する場合は、原則として以下の2通りとなります。

  1. 海外にいる外国人配偶者を呼び寄せる
  2. 既に日本に在留している外国人のビザを日本人の配偶者ビザに変更する。

❶の場合は、まだ日本に来ていない為、在留資格認定証明書を入国管理局で取得する事になります。この認定証明書を外国に郵送して日本に入ってくる事となります。

❷の場合は、既に何らかの在留資格(就労ビザや留学ビザなど)ですので、

日本人の配偶者ビザに変更します。この場合も日本人の配偶者ビザは、他のビザに比べてメリット『日本人の配偶者ビザのメリットとは』が大きい事もある為、厳しい審査がされます。

しかし、、❶の認定証明書で呼び寄せる場合に、1カ月から3カ月くらいの審査期間がかかりますのて、その間は2人とも離れ離れとなります。その場合に短期滞在ビザ(欧米や韓国、台湾などの査証免除国はノービザでok)などで日本に来ている場合もありますが、認定が許可となっている場合には例外として短期滞在から日本人の配偶者ビザへの変更は可能となります。しかし、あくまでも例外であって「やむを得ない特別の事情」要はの場合に限られるとなっています。※子供が生まれたり、病気となったりです。

しかし、実務的には、間に認定が挟まれていれば可能ということもあります。入管に認定の後に変更申請書を作成し、審査部門で申請をさせてもらえるように事前相談し、その後申請書を提出する必要があるので手間はかかりますが、一度本国に戻ってから来るよりは手間がかからないでしょう。短期滞在で来ている期間内に許可が出ればの話です。間に合わなかった場合は、しょうがないので一度本国に戻り、原則通りに認定で入ってくる事をお勧め致します。※短期滞在の理由が観光だとダメなので注意も必要です。

ただし、入国管理局は原則通りの認定で入る事としているので認定証明書で入る事をお勧めします。

日本人の配偶者ビザを行政書士アーム法務事務所に依頼するメリット

配偶者ビザが不許可にならない為には?

日本人の配偶者ビザに同居が必要か?

結婚手続きと配偶者ビザ

年齢差が大きあ場合の日本人の配偶者ビザは取得の難易度が高い

日本人の配偶者の方がする永住

国際結婚手続き(婚姻手続き)各国での婚姻手続き

事務所名行政書士
南青山
アーム法務事務所
主な業務内容国際結婚ビザ取得
帰化/日本国籍取得
永住ビザ取得
外国人雇用
 (就労ビザ取得)
・特定技能ビザ取得
所在地東京都港区南青山
2-2-15ウィン青山
303
最寄り駅青山一丁目駅 
徒歩1分
電話TEL:03-6804-5755  

直通携帯:
080-6851-7668
メールアドレスkoapanakkun124
@icloud.com
ホームページeijyu-gyousei.com
営業時間9:00〜21:00
休業日日曜日※事前予約
なら休日も対応可能
です。

Follow me!

無料相談のご予約はコチラから

帰化申請のサポート
当事務所では、永住権や帰化、(日本国籍取得)配偶者ビザ、定住者、就労ビザ等の申請をお考えの方の無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。