国際結婚(配偶者ビザ)が不許可とならない為には

配偶者ビザが不許可にならないようにする為に気を付ける事

配偶者ビザの場合には、入管は偽装結婚を警戒しています。その為、真実の結婚である事を自ら立証しなければならないのです。

実際に偽装結婚でビザを取得しようとするものが多い為、最初からその観点を注視して審査しているのが現状となってます。

入管が判断材料としている基準としては、

  • 結婚に至るまでの期間が短い(出会ったばかりで直ぐ結婚)
  • 日本人と外国人配偶者の年齢が離れている
  • お互いの国への渡航回数が少ない(お互いに行き来してるのがベスト)
  • 会った回数が少ない(上記と同様の意味合い)
  • 双方のご両親と会っていない
  • 日本人側の収入が低い
  • お互いの離婚歴が多い(特に国際結婚)
  • 結婚式や披露宴等を行なっていない

などの場合です。

上記のような場合には、不許可率が非常に高くなります。

※偽装結婚する方には、上記状況が非常に多いからです。その為、真実の愛し合っての結婚であっても立証と説明が必須となるのです。

LINEやメールなど証拠となる物を残しておく

日々、LINEやメールなどを頻繁にすることも重要です。仲の良い証拠となる為です。

旅行などの写真も撮っておく

その為、一緒に旅行に行ったり遊びに行った際の写真等を増やしておく事も重要となります。

配偶者ビザでは、出会ってから、結婚に至るまでも大切

その他、理由書や質問書などを詳細に記載しなければならなく、出会ってから結婚に至るまでの経緯も詳細にして提出する事となります。

行政書士アーム法務事務所では「不許可時全額返金保障制度」を採用しております。安心してご依頼いただけます。

万が一の不許可時全額返金保障制度とは

永住ビザ・配偶者ビザ(日本人の配偶者)・就労ビザなどの外国人の在留ビザの取得や、帰化の許可申請による日本国籍の取得について自信があるからこその制度保障です。

行政書士アーム法務事務所では、永住ビザや帰化申請、配偶者ビザ、就労ビザなどの入国管理局への申請取次及び帰化の日本国籍取得サポートをしています。行政書士アーム法務事務所にお客様が求めているのは、申請することではなく許可を取得することです。ただ、申請しただけでは意味がありません。許可が出ることが必要です。行政書士アーム法務事務所では、業務受任時に着手金として半金を頂いておりますが、万が一にも不許可となった場合には、まずは再申請を無料で行います。場合によっては再々申請まで行います。それでも不許可になった場合には着手金を全額返金しいたします。これは、永住ビザ・帰化・配偶者ビザ・就労ビザなどの入国管理局への申請取次や、法務局への日本国籍取得(帰化)サポートの経験と実績で自信を持っているからこその制度です。

行政書士アーム法務事務所は、配偶者ビザをお考えの外国人の方の申請取次の専門家です。

日本人の配偶者ビザの取得をお考えなら、今すぐアーム法務事務所の無料相談にご連絡ください。

日本人の配偶者ビザの要件に当てはまる場合は、日本人の配偶者申請を得意とする行政書士に相談することをお勧め致します。

行政書士アーム法務事務所の許可保障(不許可時全額返金保障)制度を採用しております。安心してご依頼いただけます。

無料相談フォーム

各国での婚姻手続き

日本人の配偶者の方がする永住

お電話での問い合わせも受け付けております

TEL : 08068517668

日本人の配偶者ビザを行政書士アーム法務事務所に依頼するメリット

結婚手続きと配偶者ビザ

配偶者ビザが不許可にならない為には?

年齢差が大きあ場合の日本人の配偶者ビザは取得の難易度が高い

国際結婚手続き(婚姻手続き)

Follow me!

無料相談のご予約はコチラから

帰化申請のサポート
当事務所では、永住権や帰化、(日本国籍取得)配偶者ビザ、定住者、就労ビザ等の申請をお考えの方の無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。