中国人で日本人の配偶者が永住ビザを取得するメリットとは?

日本人の配偶者である中国人が永住権を取得することのメリットって何?

日本に長年正規の在留資格を持って在留している中国人の方は、いずれは永住権を取得したいという方が多いですね。最終目標にしている方も多いものです。勿論、永住では無く帰化を希望している方も多いです。

毎日の様に皆さんとお話ししていると、永住か帰化のどちらかを大抵は考えていらっしゃる様ですね。

では、皆さん何故、永住権を取得したいのでしょうか?

永住権を取得することによって、皆さんにどのようなメリットがあるのでしょうか?

  1. 国籍は、中国国籍そのままで日本での安定した在留資格を得られる。
  2. 在留資格の更新手続きが不要になり安定して日本に在留することが出来る。
  3. 仕事などの活動内容に制限がなくなる為、法律に反しない限りではあるが日本人と同じようにどのような職業もすることができる。
  4. 銀行の融資や住宅ローンやを受けやすくなる。(永住者という安定した在留資格の立場である為、社会的信用度が増す)
  5. 仕事をやめたり、離婚をしても在留資格がなくならない。

など、様々なメリットがありますね。

上記、見てもらうとわかる様に様々なメリットがあります。人によって上記のどのメリットを特に重要と考えているのかは様々ですが、全体的にみなさんメリットとなる内容ですよね。逆にデメリットは見当たりません。特に2.3.4にメリットを感じている方が多様ですね。

日本人と結婚している中国人(中国籍)の方の場合の居住条件の緩和

日本人の配偶者である場合には、永住する為の最大の難関である居住期間(通常の就労ビザの方の場合10年以上引き続き日本に住んでいないといけません。)

しかし、日本人の配偶者である場合には、居住要件が大幅に緩和されます。その為、永住をするまでの期間を早める事が出来るのです。

ここで注意が必要なのが、居住条件が緩和されるだけで、永住審査がやさしくなるわけではありません。むしろ、審査内容がご夫婦に及ぶ事になる為、書類の量は増える傾向にありますし、審査は通常と同様、又はそれ以上に厳しかなる事もあります。

日本人の配偶者が永住申請する場合の居住条件
  • 日本人と結婚している場合は結婚してから3年以上経過、更に日本で1年以上暮らしていますか?
日本人の配偶者の場合、自身が働いてなくても大丈夫?
  • 住民税や健康保険、年金等の支払い未納はないですか?(日本人の配偶者が働いていて扶養に入っている場合は、配偶者について)
  • 給与についても、原則として配偶者の方又は、本人の年収で審査されます。年収300万円が基準となります。

※その為の永住申請条件(要件)は、通常の永住申請と同様にクリアしている必要があります。

※審査自体の厳しさは、優しくはなりませんのでご注意下さい。

国際結婚ビザや帰化申請、永住ビザの専門家行政書士

上記に当てはまったら、
まずは、永住申請の専門家に相談しよう

永住権の取得は永住申請を日々行なっている永住申請のプロにお任せ下さい。

行政書士アーム法務事務所では許可保障(不許可時全額返金保障)制度を採用しております。安心してご依頼いただけます。

許可保障(不許可時全額返金保障)制度とは

 永住ビザ・配偶者ビザ(日本人の配偶者)・就労ビザなどの外国人の在留ビザの取得や、帰化の許可申請による日本国籍の取得について自信があるからこその制度保障です。

行政書士アーム法務事務所では、永住ビザや帰化申請、配偶者ビザ、就労ビザなどの入国管理局への申請取次及び帰化の日本国籍取得サポートをしています。行政書士アーム法務事務所にお客様が求めているのは、申請することではなく許可を取得することです。ただ、申請しただけでは意味がありません。許可が出ることが必要です。行政書士アーム法務事務所では、業務受任時に着手金として半金を頂いておりますが、万が一にも不許可となった場合には、まずは再申請を無料で行います。場合によっては再々申請まで行います。それでも不許可になった場合には着手金を全額返金しいたします。これは、永住ビザ・帰化・配偶者ビザ・就労ビザなどの入国管理局への申請取次や、法務局への日本国籍取得(帰化)サポートの経験と実績で自信を持っているからこその制度です。

永住・帰化・配偶者ビザ・就労ビザの取得をお考えの外国人の方や外国人の雇用をお考えの企業の代表者又は、ご担当者様は、無料相談を行っておりますので、今すぐ問い合わせフォームよりご連絡ください

Follow me!