難易度の高かった永住権の許可通知が3件同時に届きました。

永住の許可通知

申請取次行政書士の森元です。

昨日、入国管理局から、当事務所より申請していた永住ビザの審査結果が3件同時に届きました。全て許可の運びとなりました。

この通知が届いた時がとても嬉しいですね。お客様も大変喜んでました。

永住申請の要件は結構厳しい為に、要件を満たす事がとても難しく、申請書類の作成や必要書類、理由書などの作成も煩雑で大変なのですが、今回のお客様の中には、要件が少し厳しいと思われる状況の方もいましたが許可となりました。立証書類や理由書作成を入念に行った事が大きかったと思います。

永住の条件として皆さんがクリア出来なくなる多くは、「年収要件」「税金や保険、年金等の支払い遅れ」「出国日数が多い」などが多いです。他にも条件はありますが、上記3点で永住を諦める方が多いです。今回のお客様の中では、年収要件が少し足りない方がいらっしゃいましたが、許可となりました。

永住権の「年収要件」の考え方

  • 扶養家族がいない場合は、年収300万円以上
  • 扶養家族がいる場合(外国の家族を扶養に入れている場合含む)は、+70万円

というのが基準となります。勿論、総合判断なので上記に満たしていないと必ず不許可と言うわけでは有りません。当事務所での今回の事例のように許可となる場合もあり、他にも同様の案件で許可となっていますが、通常の場合以上に審査が厳しくなる事は事実ですので、この様な場合は特に専門家に依頼する事をお勧め致します。

永住の「税金や保険、年金等の支払い遅れ」の考え方

  • 住民税や保険、年金は未納はもちろんダメですが、支払い遅れも永住の場合は審査が厳しくなります。 
  • 未納がある場合には、必ず自動引き落としにして最低1年間の支払い記録を残す事をお勧めします。

永住申請で「出国日数が多い場合」の考え方

  • 一回の出国で3か月以上だと、日本での引き続き居住年数がリセットされてしまう可能性が高いです。
  • 一回の出国は少なくても一年の合計が150日を超える場合も同様にリセットと考えられてしまう可能性が高いです。出来るだけ100日以内に押さえておく方が良いでしょう。

永住と帰化では要件が違う

永住と帰化では条件が違います。その為、永住は条件を満たしていないが、帰化は可能という方は随分いらっしゃいます。           その為、上記永住条件を満たさない場合でも帰化の場合は要件が違う為、帰化可能となる方も非常に多いです。                詳しくは専門家に相談すると良いでしょう。

永住の申請相談は、昨年に引き続き今年も多く頂いています。当事務所での永住申請も昨年に続いて今年も現在100%の許可となってます。   

永住権の取得をお考えの方は、当事務所では無理相談を行なっておりますので、お問い合わせの上ご予約下さい。

永住許可までの流れ

永住ビザについて

永住ビザの要件

永住ビザのメリット

就労ビザから永住ビザへの申請

日本人の配偶者の方がする永住ビザ

Follow me!

無料相談のご予約はコチラから

帰化申請のサポート
当事務所では、永住権や帰化、(日本国籍取得)配偶者ビザ、定住者、就労ビザ等の申請をお考えの方の無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。