日本人の配偶者ビザで不許可になりやすく、サポートを受けた方が良いケース

不許可になりやすく、配偶者ビザ 専門の行政書士に依頼するべき場合

  • 夫婦の年齢差が大きい
  • 交際期間がかなり短い
  • 交際期間の写真が少ない
  • 結婚式を行なっていない
  • 結婚紹介所の紹介で知り合った
  • キャバクラやスナックなどの水商売のお店で知り合った
  • 出会い系サイトで知り合った
  • 日本人配偶者側の年収が低い
  • 日本人配偶者側が、外国人との離婚歴がある
  • 外国人側が、日本人との離婚歴がある
  • 同居していない
日本人の配偶者ビザに同居が必要か?

この様な場合は、不許可率が非常に高いです。日本人の配偶者ビザは、ただでさえ審査が厳しく不許可率が高いです、自分でなんとかしようとせずに、専門家に相談する事をお勧め致します。

各国での婚姻手続き

経験豊富な入管申請取次行政書士

行政書士アーム法務事務所は、配偶者ビザをお考えの外国人の方の申請取次の専門家です。

入国管理局申請取次の行政書士資格者である為、お客様の代わりに入国管理局に申請取次出来ます。お客様が入管に行く必要は原則有りません。更に、日々の申請及び相談件数も多く経験も豊富な為、安心してご依頼頂けます。

日本人の配偶者ビザの取得をお考えなら、今すぐアーム法務事務所の無料相談にご連絡ください。

日本人の配偶者ビザの要件に当てはまる場合は、日本人の配偶者申請を得意とする行政書士に相談することをお勧め致します。

行政書士アーム法務事務所の許可保障(不許可時全額返金保障)制度を採用しております。安心してご依頼いただけます。

配偶者ビザが不許可にならない為には?

結婚手続きと配偶者ビザ

日本人の配偶者ビザを行政書士アーム法務事務所に依頼するメリット

日本人の配偶者の方がする永住

年齢差が大きあ場合の日本人の配偶者ビザは取得の難易度が高い

国際結婚手続き(婚姻手続き)

Follow me!