年齢差が大きい場合の国際結婚の場合は、ビザ取得難易度が高い

年齢差が大きい場合は、配偶者ビザの取得の審査が非常に厳しい

入国管理局は、偽装結婚での入国を警戒している

なぜでしょうか?

国際結婚の場合で年齢差が大きい場合に入国管理局がまず考えるのは、もしかしたら偽装結婚なのではないか?という事を疑う可能性が高くなります。

統計上の10歳以上の歳の差カップルの割合は少ない

極端な例ではありますが、日本人同士であっても、50歳の男性と20歳の女性が結婚した場合は、周りの友人、知人は驚くと思います。勿論、その様なご結婚の方もたくさんいらっしゃいますし、愛し合っている真実の結婚の方がほとんどだと思います。

国際結婚の場合の歳の差カップルだと?

では、国際結婚となるとどうでしょうか。この年齢差のある結婚の割合が極端に高くなるのです。そして、偽装結婚で摘発されるケースも年齢差のある場合が多くなるという実態があるため、入国管理局としても疑わざるをえないという事なのです。

日本で住むには、入国管理局に真実の結婚であると立証する必要がある

その為、結婚手続きまではできても、ことビザ申請に関しては、慎重に書類を作成し、結婚に至るまでの経緯を詳細まで説明していく必要があります。

配偶者ビザ の場合は理由書や説明書は特に重要、虚偽は絶対NG

更に理由書の記載内容も重要となります。当たり前の事ですが、虚偽の記載は絶対にNGです。必ずバレます。キチンとした交際過程の立証資料と説明をして入国管理局の審査官に納得してもらう必要があります。

各国での婚姻手続き

この様に日本人の配偶者ビザの取得は非常に難易度が高いものです。国際結婚をして日本で暮らしたいという方は、今すぐ専門家に相談する事をお勧め致します。

行政書士南青山アーム法務事務所では、専門の行政書士が貴方のビザ取得をサポート致します。

経験豊富な入管申請取次行政書士

行政書士アーム法務事務所は、配偶者ビザをお考えの外国人の方の申請取次の専門家です。

入国管理局申請取次の行政書士資格者である為、お客様の代わりに入国管理局に申請取次出来ます。お客様が入管に行く必要は原則有りません。更に、日々の申請及び相談件数も多く経験も豊富な為、安心してご依頼頂けます。

日本人の配偶者ビザの取得をお考えなら、今すぐアーム法務事務所の無料相談にご連絡ください。

日本人の配偶者ビザの要件に当てはまる場合は、日本人の配偶者申請を得意とする行政書士に相談することをお勧め致します。

行政書士アーム法務事務所の許可保障(不許可時全額返金保障)制度を採用しております。安心してご依頼いただけます。

無料相談フォーム

お電話での問い合わせも受け付けております

TEL : 08068517668

配偶者ビザが不許可にならない為には?

結婚手続きと配偶者ビザ

日本人の配偶者ビザを行政書士アーム法務事務所に依頼するメリット

日本人の配偶者の方がする永住

日本人の配偶者等ビザで専門家のサポートを受けた方が良いケース

国際結婚手続き(婚姻手続き)

Follow me!

無料相談のご予約はコチラから

帰化申請のサポート
当事務所では、永住権や帰化、(日本国籍取得)配偶者ビザ、定住者、就労ビザ等の申請をお考えの方の無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。