国際結婚手続

国際結婚手続は難しいの?

ビザ取得の前に、先ずは婚姻手続きをする必要が有ります。

外国人等日本人が結婚して日本に住むには、まず双方の国で婚姻手続きをしないといけません。相手外国人の国での婚姻手続をして、日本での婚姻手続きもする必要があります。どちらか一方のみしかしていないと片方の国では未婚となってしまうのです。

双方の国で婚姻手続きが済んでいないとビザは取得出来ません。

婚姻手続きの後に日本人の配偶者等ビザを取得するのですが、ビザ取得には、双方の国での婚姻手続きが済んでいる必要があります。

では、どちらの国から手続きをするべきなのか?

①日本に既に2人とも住んでいるのであれば、日本での手続きを先にするのが通常だと思います。

②また、日本人は日本に住んでいる状態で、外国人配偶者側が外国に住んでいる場合であれば、日本人が外国に行って外国での手続きを先にすることが通常です。

①の先に日本で婚姻手続きをする場合でも、婚姻手続きをする為には、外国の婚姻要件具備証明書などが必要となります。基本的には、在日大使館、領事館で取得できます。それに、翻訳文を付けて翻訳者の署名をしたものになります。

この様に見てみると、日本人が結婚した際の婚姻手続きと比べて外国人と日本人の婚姻手続きは、とても大変で内容も煩雑ですよね。

各国での婚姻手続き

日本に住むには、在留資格(ビザ)が必要

しかも、その後、更に複雑で大変な日本人の配偶者ビザの取得を入国管理局でしないと日本で一緒に住む事は出来ません。

婚姻手続きはキチンと手続きすれば出来ますし、不許可という事はありません。しかし、在留資格(ビザ)に関しては、不許可の可能性がつきまといます。

今まで見ていますと、婚姻手続きは何とか頑張って自分達で在日大使館と市区町村役場に確認しながら頑張って進めて、入国管理局でのビザ申請を行政書士に依頼する方が多い様です。

婚姻手続きを済ませても日本に一緒に住む事は出来ません。入国管理局で在留資格(日本人の配偶者等ビザ)を取得する必要が有ります。

配偶者ビザの取得と結婚式

行政書士南青山アーム法務事務所では、専門の行政書士が貴方のビザ取得をサポート致します。

経験豊富な入管申請取次行政書士

行政書士アーム法務事務所は、配偶者ビザをお考えの外国人の方の申請取次の専門家です。

入国管理局申請取次の行政書士資格者である為、お客様の代わりに入国管理局に申請取次出来ます。お客様が入管に行く必要は原則有りません。更に、日々の申請及び相談件数も多く経験も豊富な為、安心してご依頼頂けます。

日本人の配偶者ビザの取得をお考えなら、今すぐアーム法務事務所の無料相談にご連絡ください。

日本人の配偶者ビザの要件に当てはまる場合は、日本人の配偶者申請を得意とする行政書士に相談することをお勧め致します。

行政書士アーム法務事務所の許可保障(不許可時全額返金保障)制度を採用しております。安心してご依頼いただけます。

無料相談フォーム

お電話での問い合わせも受け付けております

TEL : 08068517668

配偶者ビザが不許可にならない為には?

結婚手続きと配偶者ビザ

日本人の配偶者ビザを行政書士アーム法務事務所に依頼するメリット

日本人の配偶者の方がする永住

日本人の配偶者等ビザで専門家のサポートを受けた方が良いケース

Follow me!

無料相談のご予約はコチラから

帰化申請のサポート
当事務所では、永住権や帰化、(日本国籍取得)配偶者ビザ、定住者、就労ビザ等の申請をお考えの方の無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。