永住申請する方は滞在年数だけで無く出国日数にも気をつけて

永住の場合には、出国日数にも気をつけてください。

永住は、原則10年の在住

永住許可申請をする方のおおくは、引き続き10年の在留が必要であることはご存じの方が多いと思います。(日本人と結婚している場合は、日本で結婚して3年又は、海外で結婚して3年で日本に在留1年など)

永住申請には、引き続きの在住が必要

しかし、途中で途切れてしまってはダメです。「引き続き」という条件がありますので10年間途切れることなくということです。

永住したいが、仕事で海外出張が多い

ここで問題になるのが、本国に帰国したり、仕事で海外出張などで出国した場合です。

一回の出国が3ヶ月間にも及ぶ長期となる場合や、年間の出国日数の合計が 150~180日にも及ぶ場合には、日本での滞在自体が中断していると判断されてしまいます。

リセットされてしまい1年目から数えることとなります。

この点では、永住を希望されている場合は気をつけるべきです。

ただし、

永住の場合は多少なら考慮される場合もある

帰化とは違って永住の場合は、仕事の都合での出国であれば、多少は考慮されます。その場合は、立証資料や説明書などが必要となります。あまりにも多い場合はダメです。しかも、この基準は要件として決まっている訳ではない為、各審査官の裁量による部分となる為、ハッキリとした基準はありません。しかし、申請する価値がある場合も多いと思われます。

行政書士アーム法務事務所では許可保障(不許可時全額返金保障)制度を採用しております。安心してご依頼いただけます。

万が一の不許可時全額返金保障制度とは

永住ビザ・配偶者ビザ(日本人の配偶者)・就労ビザなどの外国人の在留ビザの取得や、帰化の許可申請による日本国籍の取得について自信があるからこその制度保障です。

行政書士アーム法務事務所では、永住ビザや帰化申請、配偶者ビザ、就労ビザなどの入国管理局への申請取次及び帰化の日本国籍取得サポートをしています。行政書士アーム法務事務所にお客様が求めているのは、申請することではなく許可を取得することです。ただ、申請しただけでは意味がありません。許可が出ることが必要です。行政書士アーム法務事務所では、業務受任時に着手金として半金を頂いておりますが、万が一にも不許可となった場合には、まずは再申請を無料で行います。場合によっては再々申請まで行います。それでも不許可になった場合には着手金を全額返金しいたします。これは、永住ビザ・帰化・配偶者ビザ・就労ビザなどの入国管理局への申請取次や、法務局への日本国籍取得(帰化)サポートの経験と実績で自信を持っているからこその制度です。

行政書士アーム法務事務所は、永住をお考えの外国人の方の申請取次の専門家です。

永住権取得をお考えなら、今すぐアーム法務事務所の無料相談にご連絡ください。

永住ビザの要件に当てはまる場合は、永住申請を得意とする行政書士に相談することをお勧め致します。

行政書士アーム法務事務所の許可保障(不許可時全額返金保障)制度を採用しております。安心してご依頼いただけます。

永住許可までの流れ

永住ビザについて

永住ビザの要件

永住ビザのメリット

無料相談フォーム

就労ビザから永住ビザへの申請

日本人の配偶者の方がする永住ビザ

永住者の配偶者の方がする永住ビザ

高度専門職から永住ビザ申請

お電話での問い合わせも受け付けております

TEL : 08068517668

Follow me!

前の記事

永住権の取消し