永住等予定している外国人の年金について

今回は、永住や帰化を考えている外国人の方の年金についてです。

最近の永住ビザのご相談の中でやはり多いのが、年金や健康保険、住民税の未納期間についてです。

永住や帰化をお考えの場合は、

絶対に支払っておくべきです。特に永住の場合は一回の支払い遅れだけでも致命的になる場合もあるので、必ず自動引き落としにしておきましょう。

勤めている会社で厚生年金保険に加入しているならもちろん問題ありません。

永住希望なら自動引き落としにするべき

しかし、そうでないと場合は、自分で支払わなければならず、自動引き落としにしてないのであれば、納付書が送られて来て、コンビニ等で支払うことになります。納付書がこないのであれば、年金事務所にて加入手続きをしないとなりません。

せっかくの10年がムダにならないように

10年も日本にいたのに「支払って無かった」や途中で転職期間中に国民健康保険に加入せず払ってなかったなどで諦める方も多いです。

原則は、「国民年金とは、日本に住んでいる20歳以上60歳未満のすべての方が加入し、年金を支払う義務がある。」としていますので、外国人の方も支払いの義務があります。もちろん、年金を受け取る権利もあるという事です。

日本人の配偶者で働いてない場合は?

日本人の配偶者の方の場合で、お仕事をされていない場合(主婦等)は、日本人の配偶者(夫等)が働いていて年金等を支払っていれば大丈夫です。(3号被保険者)として、年金ももちろん受け取る事ができます。

まとめ

将来永住や帰化をお考えの方は、必ず今のうちから自動引き落としにしておきましょう。もちろん、会社で天引きされていれば大丈夫です。転職などで期間があきそうな場合は、国民年金の手続きを必ずしましょう。特に永住の場合未納はもちろんですが、支払い遅れも無いように気を付けましょう。

永住ビザ申請をお考えの外国人の方は、専門の行政書士に依頼する事をお勧め致します。

永住ビザ申請の無料相談フォーム

電話での連絡も受け付けています

TEL: 080-6851-7668

Follow me!