永住ビザ申請で気をつけないと不許可の可能性が高くなるのは?①

永住許可申請書類の作成自体に問題がある(永住申請の要件)

申請書類の書き方に問題があり入管に対して、あらぬ誤解を与えてしまっていたり、書類に不備があるなどです。また、人それぞれに必要な添付書類が全く違い、公開されている添付書類は最低限必要でそれが無いとそもそも受理出来ませんという書類です。その他の書類として立証証明は本人が考えて提出することになります。そのため、立証不足が原因で不許可になる方も多くいらっしゃいます。本来であれば許可になる案件にもかかわらずです。

永住申請の専門家である申請取次行政書士であれば、本人に必要な書類について申請のために事前にリストアップすることが出来ます。もちろんそれでも追加書類を求められることもありますが、事前に立証書類をキチンと提出している為、許可の確立は上がります。

永住申請の場合には専門家に任せることも重要です。

永住ビザ申請の無料相談も行っておりますので、下記の永住ビザ申請フォームよりお気軽にご連絡ください。

永住申請の無料申し込み予約フォーム

電話での申請も受け付けています

TEL: 080-6851-7668

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です