帰化申請書類の提出@中国籍の方

帰化申請の法務局へ中国人の方と同行@帰化申請書類提出

無料相談のご予約はコチラから

技術人文知識国際業務ビザ

運営事務所:行政書士南青山アーム法務事務所/ 事前相談なら休日も遅い時間も対応可・お気軽にお問い合わせください。03-6804-5755受付時間 9:00-21:00 [ 土・日・祝日OK ]

無料相談のご予約はコチラから 事前相談なら休日も遅い時間も対応可

こんにちは行政書士の森元です。

当事務所では、帰化申請や永住権取得のサポート及び申請取次をメインとして業務を展開しております。

帰化申請の法務局への同行

今回は、中国籍🇨🇳の方の帰化申請書類を作成して本人と法務局への同行。

帰化申請書類のサポートを当事務所にご依頼頂いている中国籍の方の日本国籍への帰化申請書類の提出に法務局へ同行で行ってまいりました。

当事務所では東京都内を中心にや千葉県、埼玉県、神奈川県での帰化申請サポートのご依頼をよく頂いておりますが、今回は、東京での申請案件でした。

出来上がった提出申請書類のものすごい量にとても驚いていましたが、その全ての書類を1枚ずつ原本確認するのに申請者である本人はとても驚いていました。いつも通り、1時間程度かかりましたね。これが、ご家族で同時申請となると、もっと時間がかかります。

初回書類提出受理です。

長年日本に住んでおり日本人の夫と今後も日本で暮らしたい為日本国籍取得を希望

今回の方は、日本に長年住んでおり通常の帰化申請要件である居住要件(5年)も超えていますが、日本人の配偶者でもありますので問題なく居住要件をクリアしている方でした。

年金や健康保険、住民税等の支払いも世帯でキチンとしてましたので安心でしたね。

出国(中国への帰国や旅行、出張など)についても、それほど多くはないため、この点でも要件は問題無しでした。

帰化の場合は日本語要件も必要?

帰化申請の場合は、日本語要件というのがあり、最低限小学3年生レベル以上の日本語レベルは必要となります。

今回の方は、日本に長年住んでいる事もあり、日本語もとても上手でした。日本人の夫(配偶者)と共に今後も日本で生活していく事を考え、帰化申請をして日本国籍取得を決意したとの事です。

本国書類が必要

中国人の方が帰化申請する場合の必要書類として本国書類(中国で取得するべき書類)が必要となります。既に持っている場合は良いのですが、そうでない場合には集める必要があるあります。

当事務所では帰化の場合には、申請受任した場合、まず、本国書類から集めて貰います。その後に国内書類を集めていく事になります。今回はコロナの影響で取得に少し時間がかかってしまいましたが、全て問題無く集める事ができましたので申請書類の提出となりました。

※中国の場合の本国書類は原本が必ず必要となりますので、以前のもので持っているものがあればそれを使用しますが、ない場合には、本国に行って取得する、又は、親族の方にお願いして代わりに取得してもらいEMS(国際郵便)で送って貰う必要があります。

※親族にお願いする場合に中国の場合は公証処(役所)や担当者ごとに対応が違う事があり、本人しか取得出来ないと言われてしまう事もありますが、その様な場合には翌日とかに再度取得を試したりして取得できる場合も結構あるようですのでお試しください。

帰化にするのか、永住にするのか?

じつは、今回のお客様は最初の相談の際に、永住権の申請という事でご来所頂いたお客様です。要件を確認してみると永住権の要件には少し足りない状況であり落胆しておられました。

しかし、よくよくお話を聞いていると「今回永住権を取得したら、その後に帰化申請をする事を考えていた。」という事だったのです。永住権を取得してからでないと帰化は出来ないと勘違いされていた様です。

もちろん、永住権を取得して安定してから帰化申請するというのもありですが、必ずしも永住権を取得しないと帰化が出来ない訳ではありません。お聞きしていた要件は帰化の場合は問題ない状況であった事もあり、「帰化は申請出来ますよ」とお伝えして今回の受任となりました。

帰化と永住では要件が違うの?

永住権と帰化では、パッと見は要件がとてもよく似ている様に思えますが、細かい内容が実は全くと言っていいほど違います。その為、人によっても違いますが「永住なら可能性ありだけど帰化は厳しい」「帰化なら可能性ありだけど永住は厳しい」といった具合になる事がよくあります。

どちらの要件が緩い(優しい)とかではない。見てる点が違うだけ?

どちらが要件が優しくて簡単という事ではありません。どちらも要件は厳しいのですが、審査過程で見ている点が少しずつ違う為に、この様な人によって(その方の状況によって)どちらが取得しやすいかの違いがあるのです。

帰化申請書類の量は膨大となる?

書類作成については、永住権もとても大変ですが、帰化申請は永住よりも遥かに書類作成の点では大変です。大抵、少なくとも厚みで5センチ以上となります。(100枚以上は普通です。)人によっては10センチほどの膨大な書類となる事も普通です。その為、外国人の方が初めて(普通初めてですよね)作成するのにはとても膨大な時間を要してしまいます。

2年間自分で頑張ってみたけど提出書類の受付にも至らず、さすがに諦めて当事務所にいらっしゃったなんて方もおられました。当事務所では毎月の様に帰化申請書類をたくさん作成しております。帰化申請書類の作成はお任せ下さい。

帰化申請をお考えになった方に当事務所では無料相談を行っております。お電話又は、メールフォームからご予約、お問い合わせください。お待ちしております。

帰化・永住申請の専門家行政書士

行政書士アーム法務事務所では、帰化や永住申請を希望している方のサポートを業務として展開しております。当事務所には毎日のように帰化や永住希望の方から申請相談があります。皆さんの相談内容としては、「永住の条件を満たしているのか不安」「自分が帰化出来るのか?」「家族一緒に帰化したいのだけどできますか?」「忙しくて自分で進める為の時間が無い」「確実に帰化したいので専門家に任せたい」「要件が不安」「書類作成してみたけどとてもじゃないけど無理」など様々です。貴方ももしかしたら同じではないでしょうか?

帰化(日本国籍取得)希望の方へ、無料相談を行なっております。

無料相談のご予約はコチラから

帰化申請をこれから考えている方、帰化申請で不安や悩みのある方は当事務所の無料相談をご利用下さい。電話やメールフォームから、ご予約ができます。ご連絡お待ちしております。

運営事務所:行政書士南青山アーム法務事務所/ 事前相談なら休日も遅い時間も対応可・お気軽にお問い合わせください。03-6804-5755受付時間 9:00-21:00 [ 土・日・祝日OK ]

無料相談のご予約はコチラから 事前相談なら休日も遅い時間も対応可

Follow me!

無料相談のご予約はコチラから

当事務所では、永住権や帰化、(日本国籍取得)配偶者ビザ、定住者、就労ビザ等の申請をお考えの方の無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。