永住と帰化同時申請できない?永住権を取得後に帰化申請するのは?

永住権と帰化申請を同時に申請する事は出来る?

無料相談のご予約はコチラから

技術人文知識国際業務ビザ

運営事務所:行政書士南青山アーム法務事務所/ 事前相談なら休日も遅い時間も対応可・お気軽にお問い合わせください。03-6804-5755受付時間 9:00-21:00 [ 土・日・祝日OK ]

無料相談のご予約はコチラから 事前相談なら休日も遅い時間も対応可

こんにちは、行政書士の森元です。

私は、永住権や配偶者ビザ、就労ビザ等の在留資格のは申請取次と、日本国籍取得の為の帰化申請を専門として業務を展開しております。

私の事務所には、毎日の様に申請の相談がありますが、今回は、その中でも永住や帰化についての問い合わせの際に、たまにある質問を紹介したいと思います。

帰化と永住の同時申請ってできる?

たまにある質問なのですが、永住でも帰化でもどちらでもいいから取得したい。という方で、それぞれ、審査期間が長いので、同時に申請したいという質問です。どちらか許可になったらそれでいいという事のようです。

これは、結論から言うと不可です。同時に申請はダメです。

何がしたいのか分からなくなる

永住も帰化も日本に今後長くいられる点では同じですが、根本的に双方の許可内容の意味が違います。その為、両方ともに申請することは、何をしたいのかわからなくなります。

  • 永住権は、外国籍のまま日本に長く在留する為の許可
  • 帰化は、法的に日本国籍(日本人)となる

です。

全く違いますよね。

両方一緒に申請すれば、外国籍のままがいいのか、日本国籍を取りたいのかどっちなのかわかりませんし、仮に、帰化が許可となって、その後永住が許可になるというのも変な話ですよね。日本人なのに、永住権が許可になってしまうというのは分かりませんし、逆もまた然りです。

既に永住権を持ってる方が帰化する事は、もちろん出来ます。

勿論、永住権を取得して、その後にやっぱり日本国籍を取得したいので帰化申請するというのは大丈夫です。これは、永住申請の結果が出てからの話しです。審査中はやめた方がいいです。

永住権を既に持っている方が、帰化申請をしたいというのはよくある話です。当事務所にも沢山の永住者の方から帰化申請の相談が実際にあります。

提出先は、永住権が「入国管理局」で、帰化申請は「法務局」ですが、最終的な決済は、どちらも法務大臣となります。

永住か帰化のどちらがいいのか?要件は大丈夫なのか?

永住又は、帰化を考えた場合には、自分自身でどちらにしたいか決めておく必要があります。また、要件がそれぞれ似ているようで随分違いますので、その内容によっても検討する必要があるでしょう。

永住か帰化で悩んでいる方、申請が不安な方は当事務所では無料相談を行なっております。先ずはお電話又は、無料相談メールフォームからご予約、ご相談下さい。ご利用下さい。お待ちしております。

永住許可申請の専門家・入管申請取次行政書士

行政書士アーム法務事務所では、永住申請を希望している方のサポートを業務として展開しております。当事務所には毎日のように永住希望の方から申請相談があります。皆さんの相談内容としては、「永住の条件を満たしているのか不安」「自分が永住出来るのか?」「家族一緒に永住したいのだけど、配偶者や子供はまだ日本に来て1年しか経っていないので無理ですか?」「忙しくて自分で進める為の時間が無い」「確実に永住したいので専門家に任せたい」「年収要件が不安」など様々です。貴方ももしかしたら同じではないでしょうか?

永住希望の方へ、無料相談を行なっております。

無料相談のご予約はコチラから

永住申請をこれから考えている方、永住申請で不安や悩みのある方は当事務所の無料相談をご利用下さい。電話やメールフォームから、ご予約ができます。ご連絡お待ちしております。

運営事務所:行政書士南青山アーム法務事務所/ 事前相談なら休日も遅い時間も対応可・お気軽にお問い合わせください。03-6804-5755受付時間 9:00-21:00 [ 土・日・祝日OK ]

無料相談のご予約はコチラから 事前相談なら休日も遅い時間も対応可

Follow me!

無料相談のご予約はコチラから

当事務所では、永住権や帰化、(日本国籍取得)配偶者ビザ、定住者、就労ビザ等の申請をお考えの方の無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。