コロナの中で配偶者ビザなど認定申請はどうなる?

こんにちは、永住権や配偶者ビザ、就労ビザなどの外国人在留資格の申請取次及び法務局への帰化申請サポートを主要として業務を展開している行政書士の森元です。

入国管理局 へ 永住権及び 日配の更新等の申請書類を提出となりました。

認定申請等はコロナの中でどの様な対応になっているのか?

今現在、コロナの中でも永住権の申請はとても多いですね。そして、日本人配偶者ビザの申請も多いです。

認定申請はコロナの中でも出来るの?

認定申請も出来ます。申請はできますし、審査もされます。当事務所でも多くの認定申請のご依頼もあります。

ただし、審査後の入国管理局の対応が今までと少し違います。

では、認定申請の場合には、どの様な対応を入国管理局でしているのか?という事ですが、以下、配偶者ビザの場合を例として記載いたします。

配偶者ビザの場合のコロナ渦での現時点での入管の対応は?

  1. 変更申請の場合には、今まで通り審査された後に許可となっております。(現時点で正規の在留資格で日本にいるので問題ないからです。)
  2. 認定申請で、既に短期滞在で日本に本人が来日している場合には、短期滞在期間中に認定交付となれば、短期から日配への変更が可能となりますので、変更申請書類を作成して入管に提出する手順となります。
  3. 認定申請で、外国人配偶者様が母国等にいる場合は、日本への入国制限がある国なのか、制限の無い国かで対応が違うようです。制限されている国は、審査は進められて交付かどうかの判断まで入管内でされますが、認定証明書を交付して発送するのを入国管理局で現時点としては保留しているとの事です。交付決定となっていても国別で入国制限が解除されるまでは認定証明書を発送しないで待っているという事のようです。

現状としての入国管理局の対応は、上記との事です。ただし、コロナの状況の変化により対応も変わる可能性があるので注意が必要となります。

永住許可申請の専門家・入管申請取次行政書士

行政書士アーム法務事務所では、永住申請を希望している方のサポートを業務として展開しております。当事務所には毎日のように永住希望の方から申請相談があります。皆さんの相談内容としては、「永住の条件を満たしているのか不安」「自分が永住出来るのか?」「家族一緒に永住したいのだけど、配偶者や子供はまだ日本に来て1年しか経っていないので無理ですか?」「忙しくて自分で進める為の時間が無い」「確実に永住したいので専門家に任せたい」「年収要件が不安」など様々です。貴方ももしかしたら同じではないでしょうか?

永住希望の方へ、無料相談を行なっております。

永住申請をこれから考えている方、永住申請で不安や悩みのある方は当事務所の無料相談をご利用下さい。電話やメールフォームから、ご予約ができます。ご連絡お待ちしております。

Follow me!

無料相談のご予約はコチラから

帰化申請のサポート
当事務所では、永住権や帰化、(日本国籍取得)配偶者ビザ、定住者、就労ビザ等の申請をお考えの方の無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。