フィリピン人の方が永住ビザを取得する場合の必要書類とは?

フィリピン人の方で永住ビザ申請する場合の必要書類とは?

永住申請に必要な書類は法務省のホームページに定められていますが、法務省のホームページを実際に見るととても分かりづらい表現となっており、素人の方が見ても分かりづらいものです。しかも、実際に実務で申請に必要となる書類として、法務局の記載しれている書類のみでは足りないのです。立証責任が本人にある為、自分で考えて提出する必要のあるものが多く、追加提出で色々と書類を求められる事が多いのも事実です。

しかも、その方の現在の状況の違いや国籍などでも書類が違う事も永住申請書類の作成を煩雑にしている原因でもあります。

また、

  • 就労ビザから永住申請
  • 日本人配偶者から永住申請
  • 永住者の配偶者から永住申請
  • 定住者から永住申請
  • 高度人材ポイントから永住申請

などの状況によっても条件や必要書類、書類作成が異なってくる事に注意が必要です。

その為、法務省のホームページもそうですが、下記で紹介する必要書類についても、必要な方と必要でない方がある書類や、下記以外の書類が必要となる事があるという事です。その為、法務省のホームページや下記必要書類だけを出しても不許可となる場合がありますので、ご自身での申請の場合には自己責任で行って頂きますようお願い致します。

当事務所で申請をご依頼される方には、細かいヒアリングを行った上で、お客様個人の状況に合わせた必要書類を各個人でリストアップしてお渡し致します。

永住申請をお考えの方は、一度当事務所の無料相談にお越し下さい。ご予約お待ちしております。

フィリピン人の方で就労ビザから永住ビザの必要書類

就労ビザ→永住ビザ

永住申請する全ての方が必要となる書類
  1. 永住申請書類
  2. パスポート原本及び在留カード
  3. 申請理由書(永住する必要性などを記載)
  4. 賃貸借契約書の写し※不動産等を所有している場合には登記事項証明書が必要となります。
  5. 住民票の写し
  6. 経歴など年表(在留歴や職歴、学歴、身分関係などについて)
  7. 住民税の課税証明書及び納税証明書(年間の総所得や納税状況等が記載しれている必要があります。)過去5年分
  8. ‘最終学歴の卒業証明書のコピー
  9. 預金通帳のコピー
  10. 自宅の写真(外観、玄関、リビング、寝室、キッチン)
  11. スナップ写真(家族との写真)数枚
フィリピン人会社員の方が永住する場合に用意する必要書類(本人又は扶養者)
  1. 在職証明書
  2. 源泉徴収票(直近1年分)
  3. 給与明細書(直近3か月分)
会社経営をしている場合(本人又は扶養者)
  1. 定款のコピー
  2. 会社登記事項証明書
  3. 営業許可証のコピー
  4. 確定申告書のコピー(控え)過去5年分
  5. ホームページのコピーや会社案内など
身元保証人に関する書類(永住ビザ申請)※日本人又は、永住者の方にお願いして下さい。
  1. 身元保証書
  2. 住民票
  3. 課税証明書及び納税証明書(直近1年分)
  4. 源泉徴収票(直近1年分)
  5. 在勤及び給与証明書
  6. 申請人との関係を証明する説明書
家族に家族滞在の在留資格の方がいる場合

※本国書類は全て翻訳文が必要となります。

  1. 結婚証明書
  2. 出生証明書
  3. 戸籍謄本
  4. 婚姻届受理証明書
その他、ある場合には提出したい書類
  1. 日本語検定N1からN5までの証明書
  2. 表彰状、感謝状など
  3. 勤務先の代表者が作成した推薦状

フィリピン人で日本人の配偶者ビザから永住者「永住ビザ必要書類」

フィリピン人の方で配偶者ビザ→永住ビザ

永住申請する全ての方が必要となる書類
  1. 永住申請書類
  2. パスポート原本及び在留カード
  3. 申請理由書(永住する必要性などを記載)
  4. 賃貸借契約書の写し※不動産等を所有している場合には登記事項証明書が必要となります。
  5. 住民票の写し
  6. 経歴など年表(在留歴や職歴、学歴、身分関係などについて)
  7. 住民税の課税証明書及び納税証明書(年間の総所得や納税状況等が記載しれている必要があります。)過去5年分
  8. ‘最終学歴の卒業証明書のコピー
  9. 預金通帳のコピー
  10. 自宅の写真(外観、玄関、リビング、寝室、キッチン)
  11. スナップ写真(家族との写真)数枚
日本人配偶者が用意する書類
  1. 戸籍謄本
  2. 住民票
会社員の方が用意する書類(本人または、配偶者)
  1. 在職証明書
  2. 源泉徴収票(直近1年分)
  3. 給与明細書(直近3か月分)
会社経営をしている場合(本人又は配偶者)
  1. 定款のコピー
  2. 会社登記事項証明書
  3. 営業許可証のコピー
  4. 確定申告書のコピー(控え)過去5年分
  5. ホームページのコピーや会社案内など
身元保証人に関する書類(永住ビザ申請)※日本人配偶者の方が必ずなって下さい。
  1. 身元保証書
  2. 住民票
  3. 課税証明書及び納税証明書(直近1年分)
  4. 源泉徴収票(直近1年分)
  5. 在勤及び給与証明書
その他、ある場合には提出したい書類
  1. 日本語検定N1からN5までの証明書
  2. 表彰状、感謝状など
  3. 勤務先の代表者が作成した推薦状

フィリピン人の定住者が、永住ビザを取得する場合の必要書類

定住者〜永住ビザ

永住申請する全ての方が必要となる書類
  1. 永住申請書類
  2. パスポート原本及び在留カード
  3. 申請理由書(永住する必要性などを記載)
  4. 賃貸借契約書の写し※不動産等を所有している場合には登記事項証明書が必要となります。
  5. 住民票の写し
  6. 経歴など年表(在留歴や職歴、学歴、身分関係などについて)
  7. 住民税の課税証明書及び納税証明書(年間の総所得や納税状況等が記載しれている必要があります。)過去5年分
  8. ‘最終学歴の卒業証明書のコピー
  9. 預金通帳のコピー
  10. 自宅の写真(外観、玄関、リビング、寝室、キッチン)
  11. スナップ写真(家族との写真)数枚
フィリピン人会社員の方が永住する場合に用意する必要書類(本人又は扶養者)
  1. 在職証明書
  2. 源泉徴収票(直近1年分)
  3. 給与明細書(直近3か月分)
会社経営をしている場合(本人又は扶養者)
  1. 定款のコピー
  2. 会社登記事項証明書
  3. 営業許可証のコピー
  4. 確定申告書のコピー(控え)過去5年分
  5. ホームページのコピーや会社案内など
身元保証人に関する書類(永住ビザ申請)※日本人又は、永住者の方にお願いして下さい。
  1. 身元保証書
  2. 住民票
  3. 課税証明書及び納税証明書(直近1年分)
  4. 源泉徴収票(直近1年分)
  5. 在勤及び給与証明書
  6. 申請人との関係を証明する説明書
家族に家族滞在の在留資格の方がいる場合

※本国書類は全て翻訳文が必要となります。

  1. 結婚証明書
  2. 出生証明書
  3. 戸籍謄本
  4. 婚姻届受理証明書
その他、ある場合には提出したい書類
  1. 日本語検定N1からN5までの証明書
  2. 表彰状、感謝状など
  3. 勤務先の代表者が作成した推薦状

永住許可申請の専門家・入管申請取次行政書士

行政書士アーム法務事務所では、永住申請を希望している方のサポートを業務として展開しております。当事務所には毎日のように永住希望の方から申請相談があります。皆さんの相談内容としては、「永住の条件を満たしているのか不安」「自分が永住出来るのか?」「家族一緒に永住したいのだけど、配偶者や子供はまだ日本に来て1年しか経っていないので無理ですか?」「忙しくて自分で進める為の時間が無い」「確実に永住したいので専門家に任せたい」「年収要件が不安」など様々です。貴方ももしかしたら同じではないでしょうか?

永住希望の方へ、無料相談を行なっております。

永住申請をこれから考えている方、永住申請で不安や悩みのある方は当事務所の無料相談をご利用下さい。電話やメールフォームから、ご予約ができます。ご連絡お待ちしております。

Follow me!

無料相談のご予約はコチラから

帰化申請のサポート
当事務所では、永住権や帰化、(日本国籍取得)配偶者ビザ、定住者、就労ビザ等の申請をお考えの方の無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。