留学ビザ(卒業せずに)から就労ビザや配偶者ビザへの変更

大学を中退したのであれば、留学ビザで無くなります。そこで、等もありますので。する必要が出てきますが、単純に大学中退と考えると就労ビザが取得できません。

中には、そのまま日本人と結婚される方もいらっしゃいます。

勿論、結婚されるのであれば、配偶者ビザ(日本人の配偶者等ビザ)を取得すれば良いのですが、どうしても大学中退から配偶者ビザへの変更は入管も疑ってきますので、非常に厳しく審査されます。(キチンと疎明資料や理由書を揃えて立証する必要が出て来ます。)

では、大学中退の場合、就労ビザは絶対に無理なのでしょうか?

大学を中退したとしても、その外国人本人の学歴全体を見る必要があります。

就労ビザを取得する為には、大学や大学院、短大、専門学校を卒業している必要があるので、今回中退した大学以外に以前どれかで卒業していれば、そちらの学士や修士を使って関連のある仕事に就くことが出来ます。

  • 海外の大学等を卒業している。
  • 今回中退する大学等の前に短大や専門学校を卒業している。
  • 実務経験が10年以上ある

尚、大学等を中退しているにも関わらずそのまま3カ月以上ほっておくと、留学ビザの取り消し対象となりますので、上記の対応をするか、若しくは、大学等の転入などの対応を急ぐ必要があります。

行政書士アーム法務事務所では、留学ビザから就労ビザへの変更、配偶者ビザへの変更など、入管業務専門の申請取次資格を持った行政書士が対応致します。

無料相談を行なっていますので下記フォーム又は電話より問い合わせした下さい。

  就労ビザや配偶者ビザなどの申請の無料相談は、こちらをクリック
080-6851-7668

Follow me!

無料相談のご予約はコチラから

帰化申請のサポート
当事務所では、永住権や帰化、(日本国籍取得)配偶者ビザ、定住者、就労ビザ等の申請をお考えの方の無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。

前の記事

留学ビザ更新