帰化の日本語の読み書きについて

帰化は最低限の日本語能力が必要

帰化申請の場合には日本語能力が求められます。日本人になるわけですから最低限の日本語はできて下さいネ、という事です。

帰化の日本語能力のレベル

では、どのくらいの日本語能力が必要なのでしょう。

小学3年生レベル位有ればOKとよく言われています。日本語検定ならばN3以上が有れば十分です。

帰化で日本語の筆記試験がある?

日本語テストも有りますが、全員が受ける訳では有りません。面談の時点で審査官との会話の中で日本語能力が足りないかもしれないと思われた場合に筆記試験をするようです。日本人の配偶者から帰化申請などの場合などは日本に来て間もない状況で帰化することが出来る為、日本語能力で引っかかる方も多いようです。その為、日本に来てから帰化を目標に日本語を勉強している方も多いようです。

留学から日本企業に就職の方は?

また、長年日本にいるが、日本人との付き合いが少なく、同国の方との付き合いばかりの方も日本語能力で引っかかる様です。逆に留学生として日本の学校に行き、就職した様な方は殆ど問題無く日本語能力をクリアしています。

帰化申請について詳しく

簡易帰化は、こちら

帰化申請提出後、許可までの流れ

帰化申請の要件を備えていると思ったら

帰化要件に当てはまる場合は、帰化申請を得意とする行政書士に相談することをお勧め致します。

行政書士アーム法務事務所の許可保障(不許可時全額返金保障)制度を採用しております。安心してご依頼いただけます。

帰化申請に必要な書類とは

中国人の帰化申請はこちら

韓国人の帰化申請はこちら

特別永住者の帰化申請はこちら

定住ビザから帰化申請はこちら

日本人の配偶者から帰化申請

台湾人の帰化申請はこちら

帰化申請FAQ

Follow me!