国際結婚ビザ/ 帰化(日本国籍取得)/永住権取得/サポートセンター・東京

運営者:行政書士南青山アーム法務事務所

お悩みスムーズな解決ならば早めのご相談をお勧め致します。

休日や遅い時間も事前予約で対応可能

国際結婚ビザサポートセンター・東京

【国際結婚ビザサポートセンター・東京】では、多数の実績と経験を持つビザ専門の申請取次行政書士が、お客様の「日本人の配偶者ビザ取得」をサポートさせて頂いております。東京都を中心に埼玉県、千葉県、神奈川県からのご依頼が多い事務所です。

国際結婚・日本人の配偶者等ビザの申請:運営者 行政書士南青山アーム法務事務所

行政書士アーム法務事務所では配偶者ビザ申請の実績と経験豊富な行政書士が【配偶者ビザの取得をサポート】致します。

国際結婚をして日本にお二人で住む予定の方、日本人の配偶者等ビザの申請予定の方は、入国管理局申請取次行政書士である専門の行政書士にお任せください。

行政書士アーム法務事務所では国際結婚ビザの申請をお考えの方の無料相談を行っております。ご相談をお待ちしております。

お客様の声

配偶者ビザとは?

国際結婚により、日本人と外国人の方々が結婚した場合に外国人配偶者が日本に住むには、「日本人の配偶者等ビザ」の在留資格を取得する必要があります。

「日本人の配偶者等ビザ」の取得をするには、法律上の婚姻が成立している必要がありますので、必ず事前に両国での婚姻手続きは先にしておかないといけません。婚姻手続きはそれほど問題無く受理されると思いますが、日本に住むとなるとそうもいきません。今度は、日本に住む為の許可が必要となります。「日本人の配偶者等ビザ」の取得はとても審査が厳しい為、不許可となり結婚しているのに一緒に住めないなんて事もあるのです。

国際結婚をして、両国での婚姻届を提出するまでは、皆さん二人で協力して行うようですが、結婚して婚姻届を提出する事が出来ても「日本人の配偶者等ビザ」の在留資格を取得しない限り日本に一緒に住む事は出来ません。

特に、入国管理局は配偶者ビザに関して非常に細かいところまで聞いてきます。提出書類も細かい内容まで提出する事になります。これは、以前に偽装結婚が多かったことも原因にあります。そのため非常に細かいところまで立証しないといけません。資料が足りないと、立証不足で不許可となります。かといって何でも出せばいいというわけでもありません。場合によっては、余計な書類を提出して勘違いされることもありますので、注意が必要です。

日本で一緒に生活をするためには、日本人の配偶者等ビザを取得する必要があります。結婚手続きをしても配偶者ビザが許可される保障はなく、婚姻届を出して夫婦であるにもかかわらず一緒に住めないということになることも少なくありません。

行政書士アーム法務事務所では、お客様に細かいヒアリングを行い、その上で必要書類のリストアップをして行きます。そして、申請書及び理由書の作成、入国管理局への提出、入管からの質問や追加書類提出要請の対応、入国管理局からの結果通知対応、入管への在留カードの受け取り(更新・変更)まで、対応します。

行政書士南青山アーム法務事務所が選ばれる理由

  • 日本人の配偶者ビザの実績が豊富、多数の案件を経験しているビザ専門の行政書士が、様々なパターンに対応。(年間申請相談件数600件)
  • 無料相談が出来るので、安心して予約申込出来る。
  • 無料相談でのヒアリングに時間をかけて丁寧な説明を致します。
  • 土日祝日や遅い時間帯にも対応、お仕事で忙しい方でも、事前に予約頂ければ大丈夫です。
  • 万が一の全額返金保障制度あり。万が一にも不許可となった場合の返金保障があるので安心。実績と経験により自信があるから出来る制度です。
  • 専門特化により業界相場水準よりも安い価格でのサポート

配偶者ビザの取得

配偶者ビザ取得で気をつけるべきポイント

配偶者ビザの取得は、近年の偽装結婚の多さもあり偽装結婚の防止の為、年々審査が厳しくなってきています。本当の結婚であったとしても、入国管理局では、偽装結婚の可能性を考えて審査が行われます。その為、本当の正真正銘の結婚である事遠アピールする必要があります。更に、日本での生活に安定性があるのかを立証する必要も出てきます。この点、口頭で説明しても聞いてくれません。文書や立証資料で証明していく必要があります。過去の在留状況等も当然見られるます。これらを自ら入国管理局にアピールしていく必要があります。

以下の様な方は、当事務所にご相談ください。

  • 国際結婚ビザ(配偶者ビザ)の要件を満たしているのか心配
  • 実績と経験のある国際結婚ビザに詳しい専門家を探している。
  • そもそも、どうしていいか分からない。
  • 時間的余裕が無い
  • 収入面が低く、配偶者ビザを取得出来るか不安である。
  • 出会ってから結婚までが少し短い為、不安
  • 2人の年齢差がある。
  • 出会いがネット、SNSである為に偽装結婚と疑われそうで不安である。
  • 過去に問題を起こした経験がある(素行不良)
  • 難民申請中である

配偶者ビザ取得をフルサポート致します。

配偶者ビザを取得するには、様々な事を入管に立証していく必要があります。交際期間や収入・交際に至った経緯・職歴・出入国等の経歴などなどです。その内容によっても、人それぞれで申請書類の作成方法が変わってきます。当事務所では、時間をかけたヒアリングにより、許可に結び付く申請をしていきます。

収入面で不安な方、不安定な方もサポート致します。

収入が安定している事が許可になりやすいのですが、多方面から考えて生計維持の立証をしていきます。

SNSでの出会いの場合もお任せ下さい。

結婚の信憑性を立証する為に、結婚に至った経緯の説明書作成、立証資料の収集のサポートをします。

年齢が離れている場合もお任せ下さい。

結婚の信憑性を立証する為に、結婚に至った経緯の説明書作成、立証資料の収集のサポートをします。

自己申請をして不許可となった場合の再申請も解決、許可に導きます。

不許可となったからといって簡単に諦めないで下さい。様々な案件を扱った経験のある専門家が不許可理由を見つけ、許可となる為の方法を探し出します。

不法就労などの素行不良の場合もご相談下さい。

難民申請からの配偶者ビザへの変更もご相談下さい。

日本人の配偶者ビザを行政書士アーム法務事務所に依頼するメリット

配偶者ビザが不許可にならない為には?

日本人の配偶者ビザに同居が必要か?

結婚手続きと配偶者ビザ

年齢差が大きあ場合の日本人の配偶者ビザは取得の難易度が高い

日本人の配偶者の方がする永住

国際結婚手続き(婚姻手続き)

事務所名行政書士
南青山
アーム法務事務所
主な業務内容国際結婚ビザ取得
帰化/日本国籍取得
永住ビザ取得
外国人雇用
 (就労ビザ取得)
・特定技能ビザ取得
所在地東京都港区南青山
2-2-15ウィン青山
303
最寄り駅青山一丁目駅 
徒歩1分
電話TEL:03-6804-5755  

直通携帯:
080-6851-7668
メールアドレスkoapanakkun124
@icloud.com
ホームページeijyu-gyousei.com
営業時間9:00〜21:00
休業日日曜日※事前予約
なら休日も対応可能
です。

投稿

カテゴリー

運営事務所:行政書士南青山アーム法務事務所/ 事前相談なら休日も遅い時間も対応可・お気軽にお問い合わせください。03-6804-5755受付時間 9:00-21:00 [ 土・日・祝日OK ]

無料相談のご予約はコチラから 事前相談なら休日も遅い時間も対応可

無料相談のご予約はコチラから

帰化申請のサポート
当事務所では、永住権や帰化、(日本国籍取得)配偶者ビザ、定住者、就労ビザ等の申請をお考えの方の無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。