帰化の申請書を提出(受理後)した後の面接など結果まで

帰化〜面接〜許可

帰化申請書受理後の結果迄の流れ

面接が行われます。時期はまちまちで、数ヶ月後〜1年以内くらいです。

帰化の面接では、何を聞かれるの?

聞かれる内容は、いたってシンプルです。提出した書類の内容を見て聞かれるので、正直に答えれば良いだけです。本人や配偶者等の身分関係や現在の生活状況、前科や交通違反、事業をしている場合は事業の内容等についてを聞かれます。正直に答えればよく、虚偽だけはやめて下さい。

見ているのは、内容について間違いがないかや、面接している際の日本語能力を見ているだけです。落ち着いて、本当の事を話せば大丈夫です。

気を付けるべき点としては、緊張しない事です。普段は日本語が上手なのに緊張してちゃんと答えられない方がたまにですがいらっしゃいます。落ち着いて臨む事が大切です

帰化許可の通知

その後、帰化許可の通知となります。

帰化申請の場合は、通常の在留資格と違い、申請書類も多いのですが、審査期間も長いです。許可通知何でるまでに半年から1年を目安に考える必要があります。

許可であれば、官報に告示されます。帰化許可通知書を受け取って下さい。

その後の手続きについては、法務局で指示がありますので大丈夫です。


帰化の居住要件について詳しくはこちらをクリック
(帰化の場合)
・能力要件及び素行要件について詳しくはこちらをクリック(帰化の場合)
・生計要件について詳しくはこちらをクリック(帰化の場合)
・喪失要件及び思想要件について詳しくはこちらをクリック(帰化申請の場合)
日本語能力要件について詳しくはこちらをクリック(帰化申請の場合)

帰化要件に当てはまる場合は、帰化申請を得意とする行政書士に相談することをお勧め致します。

行政書士アーム法務事務所の許可保障(不許可時全額返金保障)制度を採用しております。安心してご依頼いただけます。

帰化申請に必要な書類とは

中国人の帰化申請はこちら

特別永住者の帰化申請はこちら

韓国人の帰化申請はこちら

定住ビザから帰化申請はこちら

日本人の配偶者から帰化申請

台湾人の帰化申請はこちら

簡易帰化は、こちら

帰化申請FAQ

Follow me!

無料相談のご予約はコチラから

帰化申請のサポート
当事務所では、永住権や帰化、(日本国籍取得)配偶者ビザ、定住者、就労ビザ等の申請をお考えの方の無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。