派遣社員でも外国人を雇う事が出来る?

派遣社員の場合の在留資格(就労ビザ)は取得出来るのか?

まず、派遣社員での就労ビザの取得は可能です。

この場合の就労ビザの観点から見ると、派遣先と外国人との雇用関係では無く、派遣元等外国人との雇用関係となります。この間での雇用関係がまずキチンとなされているのか?派遣先での業務内容が適切であるかも問題となります。当然、単純労働は出来ませんし、在留資格に合った業務しか原則出来ません。単純労働に従事させると不法就労となります。

更に、派遣元では、厚生年金や健康保険、雇用保険などキチンと加入している必要があるあります。派遣元が適切な雇用契約をしているのかどうかが問題となります。

外国人の不法就労とはどのような場合か?

日本人を雇う場合と外国人を雇う場合の違い

就労制限の無い身分系ビザとは?

外国人を新卒で雇用を考えている企業の代表者様・担当者様は、ビザ専門の入国管理局申請取次行政書士に資格者にご連絡下さい。

行政書士アーム法務事務所は、外国人雇用(就労ビザ)ビザをお考えの企業様の申請取次の専門家です。

外国人雇用をお考えなら、今すぐアーム法務事務所の無料相談にご連絡ください。

無料相談フォーム

お電話での問い合わせも受け付けております

外国人雇用をお考えの企業の代表者様及び担当者様は、外国人ビザ申請を得意とする行政書士に相談することをお勧め致します。

行政書士アーム法務事務所の許可保障(不許可時全額返金保障)制度を採用しております。安心してご依頼いただけます。

無料相談フォーム

お電話での問い合わせも受け付けております

TEL : 08068517668

外国人の不法就労とはどのような場合か?

日本人を雇う場合と外国人を雇う場合の違い

就労制限の無い身分系ビザとは?

Follow me!

無料相談のご予約はコチラから

帰化申請のサポート
当事務所では、永住権や帰化、(日本国籍取得)配偶者ビザ、定住者、就労ビザ等の申請をお考えの方の無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。