日本人の配偶者として帰化申請

日本人の配偶者は、帰化要件が緩和(簡易帰化)

日本人の配偶者が帰化申請する場合は、住居要件が緩和されますので5年の期間を待たなくても申請出来ます。このように住居要件が緩和されますが、申請手続き自体は簡単にはなりません。むしろ日本人配偶者側の書類も集めて書類作成もしないといけない為、通常の帰化申請書類よりも多くなります。

日本人の配偶者の帰化住居要件の緩和

  • 3年以上日本に住所を有し、現在も日本に住んでいる場合で日本人と結婚した場合(この場合は結婚してすぐOK)
  • 海外で結婚して3年の場合は、1年以上日本に現在も引き続き在留の方

日本人と結婚していればよく、必ずしも日本人の配偶者ビザを取得してないといけないわけではありません。就労ビザでも大丈夫です。結婚はしたけど就労ビザのままという方もたまにいらっしゃいますが日本人の配偶者ビザに変更しなくても、結婚の実態をもって考えますので大丈夫です。

帰化の要件は緩和されたとしても、書類の量は少なくなりません。

このような要件の緩和される案件の場合は、帰化する為の条件は優しくなる一方で、日本人配偶者側の証明や疎明資料を作成して申請理由書も作成する必要が出る為、書類の量は増える傾向にあります。

まず、上記の要件が備わってましたら、専門の行政書士に相談することをお勧め致します。

行政書士アーム法務事務所では許可保障(不許可時全額返金保障)制度を採用しております。安心してご依頼いただけます。

万が一の不許可時全額返金保障制度とは

永住ビザ・配偶者ビザ(日本人の配偶者)・就労ビザなどの外国人の在留ビザの取得や、帰化の許可申請による日本国籍の取得について自信があるからこその制度保障です。

行政書士アーム法務事務所では、永住ビザや帰化申請、配偶者ビザ、就労ビザなどの入国管理局への申請取次及び帰化の日本国籍取得サポートをしています。行政書士アーム法務事務所にお客様が求めているのは、申請することではなく許可を取得することです。ただ、申請しただけでは意味がありません。許可が出ることが必要です。行政書士アーム法務事務所では、業務受任時に着手金として半金を頂いておりますが、万が一にも不許可となった場合には、まずは再申請を無料で行います。場合によっては再々申請まで行います。それでも不許可になった場合には着手金を全額返金しいたします。これは、永住ビザ・帰化・配偶者ビザ・就労ビザなどの入国管理局への申請取次や、法務局への日本国籍取得(帰化)サポートの経験と実績で自信を持っているからこその制度です。

行政書士 南青山アーム法務事務所では、帰化をお考えの外国人の方の無料相談を行なっています。

帰化申請について詳しく

簡易帰化は、こちら

帰化要件に当てはまる場合は、帰化申請を得意とする行政書士に相談することをお勧め致します。

行政書士アーム法務事務所の許可保障(不許可時全額返金保障)制度を採用しております。安心してご依頼いただけます。

帰化の問い合わせメールフォームはこちらをクリック

電話での問い合わせはこちらから

TEL : 080-6851-7668

帰化申請提出後、許可までの流れ

Follow me!

無料相談のご予約はコチラから

帰化申請のサポート
当事務所では、永住権や帰化、(日本国籍取得)配偶者ビザ、定住者、就労ビザ等の申請をお考えの方の無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。