帰化の能力要件、素行要件

帰化申請をするには、能力要件と素行要件を備えていないといけません。

  • 能力要件

原則として、20歳以上である必要があります。(例外があります)

  • 素行要件

真面目であることを言います。

前科や交通違反、税金などをキチンと支払っているか?などです。

前科や交通違反

前科や交通違反は内容の重さによっても考えかたが変わります。例えば、駐車違反などは、過去5年間に5回あると厳しいですが、1回とかなら大丈夫です。しかし、飲酒運転などは、明らかに自分が悪いですし悪意ありとされるので1回でもダメです。5年間待つしかありません。

帰化申請の場合での税金等について

永住ビザ申請同様に帰化の場合にも税金等の支払いはキチンとしていないと問題になります。ただし、永住と扱いが違う為、遅れての支払いでも大丈夫な為、払ってない場合や遅れての支払いがある場合でも、専門の行政書士に相談して申請するのであれば、このような場合の対応の仕方をしてくれるので大丈夫でしょう。

帰化も健康保険や年金が重要となります。

当然ですが税金だけでなく健康保険や年金にも注意が必要です。

当然ですが支払ってないといけません。が、税金と同様に永住とは違い遅れての支払いも大丈夫です。対応方法は、専門の行政書士であれば対応してくれるでしょう。

帰化と永住では要件が随分違う為、永住は無理だけど帰化なら要件を満たすなどの場合もあります。

一生に一度の帰化申請、専門の行政書士に任せる事をお任せします。

要件確認も最終的には、専門の行政書士に判断してもらい、一生に一度の帰化ですので確実に許可を取れるようにしましょう。

行政書士アーム法務事務所では許可保障(不許可時全額返金保障)制度を採用しております。安心してご依頼いただけます。

万が一の不許可時全額返金保障制度とは

永住ビザ・配偶者ビザ(日本人の配偶者)・就労ビザなどの外国人の在留ビザの取得や、帰化の許可申請による日本国籍の取得について自信があるからこその制度保障です。

行政書士アーム法務事務所では、永住ビザや帰化申請、配偶者ビザ、就労ビザなどの入国管理局への申請取次及び帰化の日本国籍取得サポートをしています。行政書士アーム法務事務所にお客様が求めているのは、申請することではなく許可を取得することです。ただ、申請しただけでは意味がありません。許可が出ることが必要です。行政書士アーム法務事務所では、業務受任時に着手金として半金を頂いておりますが、万が一にも不許可となった場合には、まずは再申請を無料で行います。場合によっては再々申請まで行います。それでも不許可になった場合には着手金を全額返金しいたします。これは、永住ビザ・帰化・配偶者ビザ・就労ビザなどの入国管理局への申請取次や、法務局への日本国籍取得(帰化)サポートの経験と実績で自信を持っているからこその制度です。

行政書士アーム法務事務所では、帰化申請をお考えの外国人の方への無料相談を行なってます。下のメールフォーム又は、お電話でご予約下さい。

帰化申請について詳しく

簡易帰化は、こちら

帰化要件に当てはまる場合は、帰化申請を得意とする行政書士に相談することをお勧め致します。

行政書士アーム法務事務所の許可保障(不許可時全額返金保障)制度を採用しております。安心してご依頼いただけます。

帰化申請の無料相談メールフォームはこちらをクリック

お電話での問い合わせはこちらをクリック

080-6851-7668

帰化申請FAQ

帰化申請提出後、許可までの流れ

Follow me!

無料相談のご予約はコチラから

帰化申請のサポート
当事務所では、永住権や帰化、(日本国籍取得)配偶者ビザ、定住者、就労ビザ等の申請をお考えの方の無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。

前の記事

帰化の居住要件

次の記事

帰化の要件(生計要件)