技能ビザの実務経験の証明

技能ビザを申請するのに必要な実務経験の証明はどのようにするのか?

技能ビザの取得には、原則10年の実務経験が必要です。(タイ料理の場合は5年)

以前に働いていた勤務先から在職証明書を貰う必要があります。

在職証明書の内容として必ず記載が必要なのが、 会社名、住所、電話番号、職種、10年以上の経験がある事の記載です。

入管では、実務経験が本当か確認している

入管では、電話して確認も取っているようですので現存している会社でないと許可はおりません。

そして、実際に働いていたとしても、勤務先会社が、倒産してしまい在職証明書が提出できない場合も実務経験としての提出ができない以上、許可は非常に難易度が高い事となります。

技能ビザの取得をお考えの外国人及び雇用主の方は、以下をクリックして無料相談フォームよりご相談下さい

就労ビザ(技能ビザ)の無料相談フォーム

Follow me!

無料相談のご予約はコチラから

帰化申請のサポート
当事務所では、永住権や帰化、(日本国籍取得)配偶者ビザ、定住者、就労ビザ等の申請をお考えの方の無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。