就労ビザの企業規模

外国人の就労ビザを申請する場合のカテゴリー分類とは

会社の規模で必要書類が違います

入国管理局では、外国人を就労ビザで雇用する会社を4つのカテゴリーに分類して必要書類を分けています。

カテゴリー1は、かなり書類の量が少ないですが、カテゴリー2になると少し増えて、カテゴリー3や4になると一気に書類が増えます。

就労ビザのカテゴリー

  1. カテゴリー1は、上場企業
  2. カテゴリー2は、上場はしていないが大企業
  3. カテゴリー3は、設立して2年以上ではあるが中小企業や零細企業
  4. カテゴリー4は、1期目も迎えていない新設会社

日本の場合は、殆どが3又は4となる事が多いと思います。

就労ビザの場合、外国人本人だけでなく、雇用する側の会社自体も審査対象となります。

その為、会社側が提出しなければならない書類何有ります。

会社の何を審査するのでしょうか?

  1. 会社の財務状況
  2. 外国人の給与水準は適法か
  3. どの様な事業を行っていてどの様な職務に外国人をつかせるのか

上記内容を審査する為に必要となる立証書類

上記内容を審査する為に様々な書類を提出し、説明していきます。会社状況によって提出書類も変わってきますし、任意提出すべき書類もあったりするのは事実ですが、一般的には以下の書類が必要となります。

財務状況について

  • 直近の決算報告書【貸借対照表・損益計算書】
  • 給与所得の源泉徴収票等の合計表

なぜこの様な書類を提出するのか、赤字であった場合に企業の安定性がないと判断されます。外国人を採用して給料が支払えるのか?という事でもあります。その為、不許可になる可能性が有ります。この様な場合は、事業計画書を提出していき、今は赤字であるが、この先、黒字化する事をアピールしていきます。

外国人の給与水準は適法か?

外国人であれば安く雇えると考えている方がいますが、ダメです。過去の話です。外国人の給与は日本人と同等である必要があります。給与何少ないからダメという事ではありません。同じ仕事をしている日本人都差別はダメという事です。不当差別となり、就労ビザは許可されませんし、その後の更新も出来ません。

会社の事業内容  

  • 登記事項証明書 
  • パンフレット
  • ホームページ

職務内容について 

  • 雇用理由書

どの様な職務内容に従事させるのかは、雇用理由書で説明をしていきます。どの部門に配属し、どの様な職務をさせるのか?採用する必要があるのか?(外国人が必要な理由)などです。

就労ビザが取得出来ない単純労働とは

新卒外国人留学生の雇用

外国人の不法就労とはどのような場合か?

就労制限の無い身分系ビザとは?

立証書類とは

入国管理局のホームページに必要書類一覧がありますが、ここに載っているのは、申請受理する為の最低限必要な書類であって、許可になる為の書類では有りません。この書類が揃って無いと受理すらしませんという書類です。

他の立証書類は自分で考えないといけない

入国管理局でも、審査を受ける外国人は、自ら立証しなければならないと定めています。

その為、立証する為の書類は自分で考えて証拠書類を集め、説明していかないといけません。

キチンと立証しないといきなり不許可になる事も

この点が出来ないと、何度も入国管理局に行く事にもなり、場合によっては、そのままいきなり不許可となる事もあります。

外国人雇用をお考えの企業様は今すぐに、ご相談下さい。

行政書士アーム法務事務所は、外国人雇用(就労ビザ)ビザをお考えの企業様の申請取次の専門家です。

外国人雇用をお考えなら、今すぐアーム法務事務所の無料相談にご連絡ください。

無料相談フォーム

お電話での問い合わせも受け付けております

外国人雇用をお考えの企業の代表者様、担当者様は、外国人ビザ申請を得意とする行政書士に相談することをお勧め致します。

行政書士アーム法務事務所の許可保障(不許可時全額返金保障)制度を採用しております。安心してご依頼いただけます。

新卒外国人留学生の雇用

無料相談フォーム

お電話での問い合わせも受け付けております

TEL : 08068517668

Follow me!

無料相談のご予約はコチラから

帰化申請のサポート
当事務所では、永住権や帰化、(日本国籍取得)配偶者ビザ、定住者、就労ビザ等の申請をお考えの方の無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。