帰化での交通違反や前科等

前科は当然ですが、交通違反などでの軽微な違反も帰化申請の審査において影響があります。

ご依頼に来る方でやはり多いのは、交通違反です。過去5年間の違反歴を見られます。5年より前の違反であれば原則大丈夫です。

軽微な違反、要は駐車違反や一時停止違反などです。このような場合は5年以内に5回まで、更に2年以内に4回に満たない事が必要です。ただし、必ずしもダメというわけでではありません。実際5回を超えているのに許可となった例はあります。審査が厳しかなるという事です。

当然ですが、軽微な違反なので飲酒運転などは一回でダメです。悪質とみなされるからです。

これらに該当してしまった場合は、5年以内に該当しない状態に持っていく必要があります。

そして、前科について1番多いのは、喧嘩でしょう。大抵は、お酒を飲んで酔っ払い喧嘩してしまったなどです。不起訴になっていれば大丈夫です。罰金刑の場合ケースバイケースですが、2年から5年の経過が必要でしょう。

行政書士アーム法務事務所では許可保障(不許可時全額返金保障)制度を採用しております。安心してご依頼いただけます。

万が一の不許可時全額返金保障制度とは

永住ビザ・配偶者ビザ(日本人の配偶者)・就労ビザなどの外国人の在留ビザの取得や、帰化の許可申請による日本国籍の取得について自信があるからこその制度保障です。

行政書士アーム法務事務所では、永住ビザや帰化申請、配偶者ビザ、就労ビザなどの入国管理局への申請取次及び帰化の日本国籍取得サポートをしています。行政書士アーム法務事務所にお客様が求めているのは、申請することではなく許可を取得することです。ただ、申請しただけでは意味がありません。許可が出ることが必要です。行政書士アーム法務事務所では、業務受任時に着手金として半金を頂いておりますが、万が一にも不許可となった場合には、まずは再申請を無料で行います。場合によっては再々申請まで行います。それでも不許可になった場合には着手金を全額返金しいたします。これは、永住ビザ・帰化・配偶者ビザ・就労ビザなどの入国管理局への申請取次や、法務局への日本国籍取得(帰化)サポートの経験と実績で自信を持っているからこその制度です。

帰化をお考えの外国人の方の無料相談を行なっております。

帰化申請について詳しく

簡易帰化は、こちら

帰化要件に当てはまる場合は、帰化申請を得意とする行政書士に相談することをお勧め致します。

行政書士アーム法務事務所の許可保障(不許可時全額返金保障)制度を採用しております。安心してご依頼いただけます。

帰化の無料相談メールフォームはこちらをクリック

電話での問い合わせはこちらから

TEL : 080-6851-7668

中国人の方の帰化申請

韓国人の方の帰化申請

帰化申請FAQ

帰化申請提出後、許可までの流れ

Follow me!