簡易帰化

簡易帰化の場合は、条件が緩和されます。

日本国民の配偶者である外国人は、引き続きの住居要件が5年無くても可能となります。

  • 日本人の配偶者で引き続き3年以上日本に住んでいる事。
  • 日本人の配偶者で婚姻後3年経っているが、日本に住所を有してからは1年の場合。
  • 日本人の子供
  • 元日本人

などです。

上記のような場合には、住居要件や能力要件、生計要件などが緩和されます。

行政書士アーム法務事務所の許可保障(不許可時全額返金保障)制度を採用しております。安心してご依頼いただけます。

帰化要件に当てはまる場合は、帰化申請を得意とする行政書士に相談することをお勧め致します。

帰化申請について詳しく

帰化申請FAQ

Follow me!

無料相談のご予約はコチラから

帰化申請のサポート
当事務所では、永住権や帰化、(日本国籍取得)配偶者ビザ、定住者、就労ビザ等の申請をお考えの方の無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。