外国人雇用(就労ビザ)カテゴリーとは

外国人雇用は、カテゴリーが4つに分類される

就労ビザには、申請をする際に雇用予定の企業が4つの分類上どの分類に該当するのかを考える必要があります。

カテゴリーとよく言ってますが、カテゴリー1が上場している企業です。1番信頼度があると考えてます。

次がカテゴリー2上場してはいないが大会社等考えておけばよいでしょう。

世の中で1番多い会社はこちらでしょう(外国人雇用で就労ビザを取得する場合でもやはり多いですね)

カテゴリー3 殆どの会社がこちらに分類される事が多いです。申請も多いですね。

そして、カテゴリー4は、新設会社です。1番信頼度が低くなってしまいます。その為、書類の量も大変多くなり審査も当然に厳しくなります。 理由としては、設立間も無い状態で給与が支払えるのか、本当に会社は存在しているのか(ビザ目的のペーパーカンパニーの疑い)など、様々な疑いを持って審査に入る為です。

カテゴリー4(新設会社)でも就労ビザは取得出来るのか?

もちろん、新設会社だと就労ビザが取れないと言っているわけではなく、厳しく審査される為、通常以上に膨大な資料や書類となるという事です。

カテゴリー4で、就労ビザを取得する為には証明しょるや作成書類などが膨大となる

事業計画書や雇用理由、外国人の学歴と従事する職務内容との関連性、会社の役員の情報など多岐にわたり説明できる資料の添付も必要となります。

外国人雇用(就労ビザ)をお考えの企業の社長様、担当者様、外国人ご本人様は、今すぐ無料相談予約フォームよりご相談ください。

無料相談フォームはこちらをクリック

Follow me!

無料相談のご予約はコチラから

帰化申請のサポート
当事務所では、永住権や帰化、(日本国籍取得)配偶者ビザ、定住者、就労ビザ等の申請をお考えの方の無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。