国際結婚ビザ/ 帰化(日本国籍取得)/永住権取得/サポートセンター・東京

運営者:行政書士南青山アーム法務事務所

お悩みスムーズな解決ならば早めのご相談をお勧め致します。

帰化に必要な書類は、人により異なります。

帰化に必要となる書類は、人それぞれの家族構成や経歴、そして国籍等によって皆違います。状況によって書類を集めていく必要があります。

帰化の必要書類一覧

  • 帰化申請書
  • 履歴書その1
  • 履歴書その2
  • 親族の概要書(日本)
  • 親族の概要書(日本)
  • 生計の概要書その1
  • 生計の概要書その2
  • 事業の概要※経営者の方(法人・個人)
  • 居宅付近の略図勤務先の略図
  • 帰化の動機書

区役所・市役所で取得

  • 住民票
  • 住民税の納税証明書(直近1年分)※同居家族全員分必要
  • 住民税の納税証明書(直近1年分)※同居家族全員分必要
  • 配偶者の戸籍謄本※日本人の配偶者がいる場合(本籍地の役所で取得する)除籍謄本・改正原戸籍は、配偶者の婚姻日の記載が無い場合には必要となります。
  • 元配偶者が日本人である場合には、戸籍謄本が必要となります。
  • 外国人同士での離婚であっても、日本で離婚している場合には、離婚届の記載事項証明書
  • 両親のうち一方が日本人である場合は、戸籍謄本※婚姻日野記載があるもの、無い場合は除籍謄本又は改正原戸籍
  • 親族(両親・兄弟姉妹)で、既に帰化している者がいる場合は、戸籍謄本※帰化の日付が記載されているもの
  • 両親が外国人であるが、日本で結婚している場合は、両親の婚姻届の記載事項証明書
  • 両親が外国人であるが、日本で離婚している場合は、両親の離婚届の記載事項証明書
  • 本人又は兄弟姉妹が日本で生まれている場合は、出生届の記載事項証明書
  • 外国籍の両親や配偶者、子供が日本で死亡している場合は、死亡届の記載事項証明書

法務局から取得

  • 土地の登記事項証明書※土地を所有している場合に必要となります。本人以外にも同居のご家族の所有の場合も必要となります。
  • 建物の登記事項証明書※建物を所有している場合に必要となります。本人以外にも同居のご家族の所有の場合も必要となります。
  • 法人登記事項証明書※会社経営している場合に必要

本国書類

  • 中国籍の場合
  • 韓国籍の場合
  • その他の国籍の場合

勤務先からもらう書類

  • 在勤・給与証明書
  • 源泉徴収票(直近1年分)
  • 給与明細書(直近1ヵ月分)

その他書類

  • 証明写真5cm✖️5cmを二枚
  • 在留カードの両面コピー
  • パスポートのコピーを表紙・顔写真のあるページ・スタンプのあるページ全て全ページ(過去のパスポートも全て)
  • 国民年金に加入の方は、なんか保険料領収書(直近1年分)※同居家族分も必要
  • 運転免許証の両面コピー
  • 運転記録証明書※最寄りの警察署で申請書類を取得出来ます。
  • 最終学歴の卒業証明書の原本
  • 預金通帳のコピー※直近1年分記載のある全てのページ
  • 資格証明書(公的資格全て)
  • 確定申告をしている給与所得者や2箇所以上から給与をもらっている方は、確定申告書の控えのコピー
  • 賃貸借契約書のコピー(住居が賃貸の場合)

帰化専門行政書士が対応

当事務所では、皆さまにとって一生に一度の大切な瞬間である帰化申請を全面サポート致します。帰化の要件を備えているのか?必要書類やどのように進めていけば良いのかなど、悩んでいる方は今すぐ、当事務所に一度ご相談下さい。

帰化サポートの無料相談

当事務所では、帰化申請をお考えの方の無料相談を行なっております。帰化申請に必要な書類等は人によって違います。本人の家族環境や経歴、国籍など様々な状況によって必要な書類が変わってきます。その為、行政書士南青山アーム法務事務所では、帰化申請に必要な細かなヒアリングをした上で必要書類を集めて申請書類の作成にかかります。

先ずは、無料相談にてご予約頂き帰化申請をするにあたっての要件確認や不安な点などをお聞かせください。下記の電話(TEL・直通携帯)又は、メールフォームよりお気軽にご連絡ください。

お悩みスムーズな解決ならば早めのご相談をお勧め致します。

投稿

カテゴリー

運営事務所:行政書士南青山アーム法務事務所/ 事前相談なら休日も遅い時間も対応可・お気軽にお問い合わせください。03-6851-7668受付時間 9:00-21:00 [ 土・日・祝日OK ]

無料相談のご予約はコチラから 事前相談なら休日も遅い時間も対応可