国際結婚ビザ/ 帰化(日本国籍取得)/永住権取得/サポートセンター・東京

運営者:行政書士南青山アーム法務事務所

お悩みスムーズな解決ならば早めのご相談をお勧め致します。

中国人と日本人の結婚

中国人の帰化・永住
  1. 日本人が男性18歳・女性16歳、
  2. 中国人が男性22歳・女性20歳

である必要が有ります。

国際結婚の流れとして

日本及び中国での婚姻手続きをする必要が有ります。

中国人の場合の婚姻手続について

その上で、日本に一緒に暮らす場合には、入国管理局にて日本人の配偶者等ビザを取得する必要が有ります。

この、入国管理局で申請しなければならないビザですが、婚姻届が提出されて両国で婚姻手続きが完了したとしても、許可になるとは限らないのです。結婚することと、日本に来日して住む事は別の問題なのです。そして、不許可となる理由として多いのは、偽装結婚が疑われる場合と、生活の安定性(収入等)が多いものです。

その為、入国管理局での日本人の配偶者の在留資格(ビザ)の取得は、とても難易度が高い為、専門家に依頼する方が殆どですが、その前に行う婚姻手続はご自分でされる方も多い様です。

韓国人と日本人の結婚

  1. 日本人が男性18歳・女性16歳、
  2. 韓国人は男性、女性共に18歳で

可能となります。

国際結婚の流れとしては

日本と韓国双方での婚姻手続きをする必要がありますが、韓国の場合は手続き的にではありますが、日本での婚姻手続きを先にする方が良いと思われます。

韓国人の場合の婚姻手続について

台湾人と日本人が結婚する場合には

  1. 日本人が男性18歳・女性16歳、
  2. 台湾人は男性、女性共に18歳で

国際結婚の流れとしては

日本及び台湾での婚姻手続きをする必要が有ります。

台湾人の場合の婚姻手続について

フィリピン人と日本人が結婚する場合には

フィリピン人の帰化・永住
  1. 日本人が男性18歳・女性16歳、
  2. フィリピン人は男性、女性共に18歳で

国際結婚の流れとしては

日本及びフィリピンでの婚姻手続きをする必要が有ります。

フィリピン人の場合の婚姻手続について

タイ人と日本人が結婚する場合には

  1. 日本人が男性18歳・女性16歳、
  2. 韓国人は男性、女性共に17歳、20歳未満の場合は父母の同意が必要となります。
  3. 女性が離婚している場合は、解消から310日の経過が必要となります。

国際結婚の流れとしては

日本とタイの双方での婚姻手続きをする必要がありますが、タイの方が在留ビザで滞在の場合は手続き的にではありますが、日本での婚姻手続きを先にする方が良いと思われます。

韓国人の場合の婚姻手続について

国際結婚をして、配偶者ビザの取得をし日本で暮らす予定の方で以下お悩みの方はご相談ください。

  • 配偶者ビザの書き方がわからない。
  • 必要書類は何を集めていいがわからない。
  • 入管に何度も足を運ぶのはちょっと・・・
  • 不許可にならないか不安

上記の様な方は今すぐに、ご相談下さい。

行政書士アーム法務事務所は、配偶者ビザをお考えの外国人の方の申請取次の専門家です。

日本人の配偶者ビザの取得をお考えなら、今すぐアーム法務事務所の無料相談にご連絡ください。

日本人の配偶者ビザの要件に当てはまる場合は、日本人の配偶者申請を得意とする行政書士に相談することをお勧め致します。

行政書士アーム法務事務所の許可保障(不許可時全額返金保障)制度を採用しております。安心してご依頼いただけます。

無料相談フォーム

お電話での問い合わせも受け付けております

TEL : 08068517668

配偶者ビザが不許可にならない為には?

配偶者ビザの取得と結婚式

日本人の配偶者ビザを行政書士アーム法務事務所に依頼するメリット

日本人の配偶者から永住権取得まで

日本人の配偶者等ビザで専門家のサポートを受けた方が良いケース

年齢差が大きあ場合の日本人の配偶者ビザは取得の難易度が高い

国際結婚手続き(婚姻手続き)

投稿

カテゴリー

運営事務所:行政書士南青山アーム法務事務所/ 事前相談なら休日も遅い時間も対応可・お気軽にお問い合わせください。03-6804-5755受付時間 9:00-21:00 [ 土・日・祝日OK ]

無料相談のご予約はコチラから 事前相談なら休日も遅い時間も対応可