外国人を雇用する場合(IT企業等)

IT関連の企業での外国人雇用に必要な就労ビザ

ソフトウェア開発やシステム開発などを行う場合の外国人雇用

ソフトウェア開発やシステム開発や保守などを行うIT関連企業や情報処理関連などでの外国人の雇用をする場合には、『技術・人文知識・国際業務』の就労ビザを取得することになります。

大学等の専攻との関連性が就労ビザ取得には必要

この様な場合には、大学や専門学校等での専攻に関連性があるのかどうかが大切で、原則としては情報関連の科目で単位を取得している事が必要となります。※ソフトウェア開発などで文系の知識を必要とする場合などは、文系の科目で単位を取得している場合でもソフトウェア開発会社での許可の可能性は有ります。(十分な説明が必要となります。)

新卒外国人留学生の雇用

外国人の不法就労とはどのような場合か?

就労ビザが取得出来ない単純労働とは

就労制限の無い身分系ビザとは?

総務や経理、人事、法務、通訳や翻訳、マーケティング、営業職の場合の外国人雇用

この様な場合も『技術・人文知識・国際業務』での就労ビザの取得は可能です。職務との関連性としては、経済・経営学部、法学部などで職務との関連性を説明出来る内容であれば『技術・人文知識・国際業務』の就労ビザの取得何出来ます。

何よりも、大学等での専攻と職務内容が重要という事です。ここが、関連していないと許可は絶対おりません。

外国人雇用をお考えの企業様は今すぐに、ご相談下さい。

行政書士アーム法務事務所は、外国人雇用(就労ビザ)ビザをお考えの企業様の申請取次の専門家です。

外国人雇用をお考えなら、今すぐアーム法務事務所の無料相談にご連絡ください。

無料相談フォーム

お電話での問い合わせも受け付けております

外国人雇用をお考えの企業の代表者様、担当者様は、外国人ビザ申請を得意とする行政書士に相談することをお勧め致します。

行政書士アーム法務事務所の許可保障(不許可時全額返金保障)制度を採用しております。安心してご依頼いただけます。

新卒外国人留学生の雇用

無料相談フォーム

お電話での問い合わせも受け付けております

TEL : 08068517668

日本人を雇う場合と外国人を雇う場合の違い

Follow me!