帰化の要件(日本国籍取得要件)

帰化申請をする要件にも種類がある

帰化には、そもそも3つの種類があります

があります。

それぞれ要件が違い、申請者の状況によって、どの帰化に該当するのかが決まります。

簡易帰化などは名称からして、簡単な書類で済むと思う方がいるようですが、実際は帰化する為の在留期間などの要件が緩和されるに過ぎずません。逆にその証明資料や作成する疎明書類が増える傾向にある為、書類の量は多くなります。

大帰化は、未だに前例が無いという事です。

帰化要件に当てはまる場合は、帰化申請を得意とする行政書士に相談することをお勧め致します。

行政書士アーム法務事務所では、帰化申請をお考えの外国人の方の無料相談行っております。メールフォームよりご相談下さい。

帰化申請について詳しく

簡易帰化は、こちら

行政書士アーム法務事務所の許可保障(不許可時全額返金保障)制度を採用しております。安心してご依頼いただけます。

帰化申請のメールフォームはこちらをクリック

電話での問い合わせはこちらから

TEL : 080-6851-7668

普通帰化の基本的要件
簡易帰化の緩和要件

帰化申請の無料相談フォーム

帰化申請FAQ

Follow me!

無料相談のご予約はコチラから

帰化申請のサポート
当事務所では、永住権や帰化、(日本国籍取得)配偶者ビザ、定住者、就労ビザ等の申請をお考えの方の無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。

前の記事

短期滞在の更新

次の記事

普通帰化(帰化の要件)